インターネットで遊べるネットカジノ

日本では賭博は禁止されていますので、基本的には競馬や競輪といったような公共のギャンブルを楽しむことになります。いわゆるカジノと呼ばれるものはありませんが、日本でもネットカジノで遊ぶことができます。ネットカジノとは、基本的にはインターネット上でプレイすることができるカジノです。もちろんお金をかけてプレイすることができるので、カジノとしての楽しみをしっかりと味わうことができます。ネットカジノには、本物のカジノに負けないくらいのカジノゲームがあります。カジノのイメージと言えばスロットですが、もちろんネットカジノでもプレイすることができます。その他にも、バカラやルーレット、ブラックジャックやポーカーのように多種多様なゲームを楽しむことができます。ネットカジノをプレイする際に心配なのは、インチキはないのかということです。インターネット上のネットカジノなので、インチキがし易いのでその点が気になる方も多いのではないでしょうか。確かにこのような心配はありますが、一度インチキを行ってしまうとお客さんが寄り付かなくなってしまいます。大手のネットカジノは、インチキやイカサマの類はありませんので、安心して利用しましょう。

ネットカジノの違法性・摘発性

店舗型のカジノは、日本では違法とされています。これは通称闇カジノと扱われており、行っていることがわかると、突入作戦を取られて確認が行われて、現行犯で逮捕されるなどの問題が出ているのです。当然頻繁に逮捕されるケースが多くなり、摘発もかなりおく行われています。インカジと呼ばれる店舗型のオンラインカジノも同様で、摘発される対象となっています。

一方で海外のサーバーを経由していれば、一応違法という扱いにはならないのですが、合法とも言えない状態になっています。これはグレーゾーンの状態になっており、逮捕しても構いませんし、逮捕されない可能性もあると考えられるのです。そのため摘発される可能性はあるものの、その可能性は低くなっていると考えられます。ただ、摘発例は徐々に出ていますし、警察の監視もかなり強化されていることは事実です。オンラインカジノでも逮捕される危険はあることを理解してください。

海外で住んでいるなら、違法ではなく合法扱いとなります。ただ、合法とされている国で行っているならという話なので、他の国でもカジノは違法行為だと扱われているなら、オンラインカジノで摘発される可能性があることも理解してください。

ジャックポットシティ

ネットカジノこそ最もテラ銭「勝ち易さ」の低いギャンブルです。テラ銭とは控除率でありギャンブルの「勝ち易さ」を示す重要な要素です。宝くじでは50%、競輪・競馬・競艇・オートレース等の公営ギャンブルは20%~25%、パチンコでも10%もテラ銭が取られています。

比べてネットカジノは平均5%という低さを誇り、ゲームによっては1%未満、優良なネットカジノではペイアウト率100%を超えて赤字経営することもざらです。これは、インターネットを使った運営なので人件費が掛からないのが背景にあります。

出展:ネットカジノって何者?

ソフトウェアの最大手のマイクロゲーイング系の中でも特に高い評価を受けているのがジャックポットシティです。
ゲームの種類が豊富で、特にジャックポット系ゲームが充実しています。ゲーム毎の結果や購入・払い戻しの履歴を細かく確認できる機能もついています。
払い戻しも早く、信頼できる一流のオンラインカジノと言えるでしょう。
ジャックポットの額が非常に大きく、時には1億円を超えている場合もあります。一攫千金を狙いたい人はこのカジノをどうぞ。
最近では、「ターミネーター2」や「ジュラシックパーク」など人気ハリウッド映画をモチーフにしたゲーム作品が誕生するようになりました。また、左のリールから絵札が連続3枚揃えば、1ゲームに当たりライン数が248を元としたスロットマシーンも人気です。スロットマシーンにますます馴染みやすいものとなりました。
Playboyライブディーラーも華やかな女性ディーラーが勢ぞろいです。一度ハマると華やかな女性の印象とダブルパンチで忘れることのできないものとなるでしょう(ハマりすぎて資金をスッてしまうような取り返しつかない事態にならないで下さいね)

ジパングカジノ

ジパングカジノは2004年に開業した日本語サポートに特化したネットカジノです。『24時間運営でしかも年中無休!』 という、当時は日本語サポートとして前代未聞の体制でした。このことが業界で大きな話題となり、日本人プレイヤーから大反響を得る結果となって、現在でも 多くのプレイヤーに支持されています。日本人スタッフが交代体制で常駐しながら、プレイヤーの問い合わせに対して親切丁寧な対応ぶりが大好評です。

ソフトウェアはプレイテックを採用。世界で馴染み深いMARVEL(マーベル)系のタイアップゲーム作品を楽しめます。また、最近はフラッシュゲームの導 入でブラウザーでプレイできるようにもなりました。フィリピン政府からライセンスを得て運営を行っており、非常に信頼度が高いのも特徴的です。

参考:ジパングカジノの詳細

ソフトウェアの最大手のプレイテック系の中でも特に高い評価を受けているのがこのジパングカジノです。
ゲームの種類が豊富で、美しいグラフィックとサウンドが特徴です。
マーベル系を中心とした人気映画のタイアップゲームも多く導入されており多くのプレイヤーの人気を集めています。
何よりも強みなのが、サポート運営です。日本人ユーザーに合わせたサポート体制に整えています。サポートスタッフも日本人を雇っていますし、連絡媒体もチャットを設けて受け付けています。つまり、早朝であろうが深夜であろうが関係なく、24時間365日受け付けていますので、日本人にとって扱いやすく貴重なサポート体制といえるでしょう。

強い刺激が魅力のゲーム、ブラックジャック

「ブラックジャック」は、トランプを使って遊ぶゲームの一種です。競技人口は非常に多く、ラスベガスなどのカジノで行われているカードゲームの一つとして有名で、且つ世界で人気の高いゲームとも扱われます。 引いたカードの持つ数字の合計が21以下になるようにして、相手のカードの合計数字よりも高ければ勝ちというシンプルなゲームなのですが、単純な数合わせのゲームという枠組みを超えて、ポーカーなどの他のカードゲームとは違った心理戦が繰り広げられている、奥深さを味わえるゲームです。 世界において、ブラックジャックが行われている場では様々なローカルルールが存在し、このローカルルールがブラックジャックというゲームの面白さを引き出しています。 日本ではチップを使わずただ単に家庭で遊ぶためのルールと、世界中のカジノで用いられているルールの2種類が知られています。カジノルールは家庭用ルールよりも最高役である「ブラックジャック」を揃えやすく、普段とは違う刺激が欲しいという人にはピッタリです。

人気のカードゲーム「ブラックジャック」とは

トランプを使ったゲームのひとつ「ブラックジャック」は、ルールは知らなくてもその名前だけは聞いたことがあるという方も多いと思います。基本的な遊び方は、手札の合計が21を超えないように21に近づけて、相手より高い点数を取れば勝ち(同数は引き分け)となるもので、カジノでは定番の人気ゲームとなっています。  
数の数え方は、絵札の「K・Q・J」は10、「A」は1または11、その他のカードは数字通りの数となります。

最強の数は21で「ナチュラルブラックジャック」と呼ばれます。中でもスペードの「A」と「J」の組み合わせは「純正ブラックジャック」、ダイヤの「A」と「Q」は「クイーンジャック」、3枚のカードが全て7の「スリーセブン」などと呼ばれ、カジノによって違いはありますが、掛け金の配当が何倍かアップします。  
逆に、何枚カードを引いても21を超えなかった場合、引いたカードの枚数によって配当がアップするようなルールも見られるなど、カジノによってその取り決めは様々なようです。

ブラックジャックの特殊なルールとは

カジノでブラックジャックを遊ぶ場合、ディーラーと1対1の勝負となります。ディーラーは同時に複数のプレイヤーと勝負をしますが、プレイヤー同士の勝ち負けはありません。こう聞くと「ならば、ディーラーの戦術や癖を知れば勝利が見えてくるのでは」と考える方がいるかも知れませんが、実はブラックジャックのルールを知れば、ディーラーの癖や腕の良さは全く関与しないゲームだということが解ると思います。
参加者はまず掛け金を提示し、その後プレイヤーとディーラーに2枚ずつのカードが配られます。このときプレイヤーは2枚とも表向きですが、ディーラーは1枚が裏向きとなります。

その後プレイヤーは、ディーラーの裏・表のカードの合計を推測しながら、自分の手札の合計が21を超えなければ何度でもカードを引くことができ、これを「ヒット」と呼びます。もし、これ以上カードが不要だと判断した時はストップの意志表示「スタンド」を宣言します。どこでスタンドするかはプレイヤーの自由ですが、もし21を超えてしまったら、これを「バスト」と言いますが、その後のディーラーの点数に関係なく直ちにプレイヤーの負けとなってしまいます。  
ディーラーはプレイヤーがスタンドしてから初めて裏向きのカードをめくりますが、プレイヤーが複数いる場合は全員のスタンドを待ちます。

ここからがブラックジャックの特徴的なところですが、ディーラーの手札の合計が16以下の場合、ディーラーは17を超えるまで必ずヒットしなければなりません。しかも17を超えた時点で自動的にスタンドとなります。このことは、言い換えるとディーラーにはカードのヒット・スタンドの意思決定ができないということです。

マカオカジノの歴史

歴史ある「カジノマカオパレス」でタイムスリップ

香港からの高速船・ジェットフォイルのターミナルで、ヘリポートも持つマカオの表玄関「マカオフェリーターミナル」。このすぐ近くの水上に凛として浮かぶ、中国式の楼閣を持ったカジノ船が「カジノマカオパレス」です。老舗と言われる「リスボアカジノ」よりも古い1962年の開業で、マカオでは最も長い歴史を持つカジノと言われています。
まるで時が止まったような古風な内・外装がその歴史を物語っていて、日が落ちると、楼閣一面に設置されたイルミネーションが華やかな輝きを放ち、見る人の目を楽しませてくれます。 開業当時は、あまりにカジノに深入りしすぎた香港人などから「海賊船(=カジノ船)にやられて一文無しになってしまった」などと言われるほど大変な人気だったそうです。一説には、映画「007」のロケ地にもなったとされるカジノマカオパレス、ぜひ一度訪れたいものです。

静かにゆっくりと過ごしたいなら「カジノオリエンタル」へ

派手できらびやかなイメージから外れ、静かで落ち着いた時間を求める方には「カジノオリエンタル」をおすすめします。マカオのカジノ王、スタンレー・ホー率いる「SJMグループ」が運営するカジノのひとつで、2007年にアメリカ系カジノに対抗するため、アーバンリゾートとして名高い「マンダリンオリエンタルホテル」に併設され、他のカジノとは差別化が図られました。
中国語で「東方娯樂場」と呼ばれ、その名の通りオリエンタル(東洋風)な雰囲気を持つこのカジノは、近くにあるラスベガス・スタイルの「ザ・サンズ・マカオ」とは正反対の顔を持っています。まずホテルそのものが、香港のハイグレードアーバンを連想させるマンダリンオリエンタルを知る人には意外かもしれませんが、静かで落ち着いた中にも豪華さを備え、自分だけの別荘のような空間を演出しています。ゆっくりと贅沢な時間を過ごしたい方には特におすすめのカジノと言えるでしょう。

インターカジノ

インターカジノは米国のオンラインギャンブル専門誌「Gambling Online Magazine」で毎年連続でベストオンラインカジノ賞を受賞している人気のカジノです。
そしてその世界的に人気のオンラインカジノが日本語でも遊べるのです。
現在まで30億ドル(約3000億円)もの賞金をプレイヤーに払い戻してきた実績のあるカジノです。
インターカジノの還元率は97.5%以上とオンライン業界全体でも非常に高い水準の還元率を保っています。
毎月ボーナスをもらえるマンスリーボーナスでも有名です。

インペリアルカジノ

インペリアルカジノ
インペリアルカジノ
オンラインカジノの中でもダントツの人気の インペリアルカジノ。
日本語対応で初心者にも優しく、多くのユーザーに愛されています。
定番のブラックジャック、ポーカー、ルーレット、バカラ、スロットを初め 300 種類以上のゲームを豪華な雰囲気で24時間いつでも楽しめます。
ジャックポットで一攫千金も夢じゃない!ラスベガス、マカオなど海外旅行での本場の練習にもどうぞ。