ブラックジャックのまとめ

ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックの基本ルールは、「プレイヤー」となる人(一人でも複数でも良い)と、カードを配る人「ディーラー」とが一対一で勝負するゲームです。あくまで「プレイヤー」対「ディーラー」の勝負なので、ある「プレイヤー」が他の「プレイヤー」とカードの数の大きさを比べて勝負するということはありません。 多くのカジノで行われるブラックジャックは、プレイヤーが「かけ金」となるチップを参加費として提示して参加を宣言します。この参加費を「ベット」と呼びます。 先ずディーラーは全員に1枚ずつカードを配っていきますが、ディーラーの一枚目の手持ちカードは裏向きで、他のカードは全て表向きで配られます。 これでプレイヤーとディーラーは手持ちのカードが2枚になりゲームの準備が整う訳ですが、その後にプレイヤーは一枚カードを引くか、引かずにそのまま勝負するかを選択します。 カードの数字は、絵札は全て「10」として扱われ、「A」は「1または11」となり、21に近づけるのに都合の良い方を選べるという便利なカードとなっています。新たにカードを引くときは「ヒット」、引かずに勝負するときは「スタンド」と宣言します。 プレイヤーは「スタンド」を宣言した時点で、宣言したプレイヤーは、次のゲーム開始まで新たにカードを引く権利を失います。また、合計数字が21をこえてしまったら、「バスト」と言う状態になり、負けが決定してしまうので気をつけてください。 全てのプレイヤーが「スタンド」を宣言、またはバストになったら、ディーラーは自分のカードの合計数字が17以上になるようにカードを引きます。 ディーラーがカードを引き終えたら勝負となります。プレイヤーはディーラーよりも自分の数字が大きい、もしくはディーラーがバストになれば勝ちです。

ブラックジャックの基本戦略

カジノで行われるブラックジャックというゲームは、一般にプレイヤー側が不利だと言われています。 その一番の理由は、「先にカードを引くのはプレイヤーだから」です。 合計数字が21を超えてしまうと負けになるルールですから、プレイヤーが先に大きな数のカードを引く可能性が高く、後から引くディーラーはバスト状態の危機を回避しやすくなるということになります。 そこで、勝つ為の基本として、プレイヤーは合計17以上になるよう手を作ることを目指し、作れたら必ずスタンドします。11点以下であれば、低い数字のカードがディーラーに行き渡り難くなるので、ヒットかダブルダウンし、10や絵札を引いて21になることを期待します。たとえプレイヤーが12点以上、16点以下の点数でもディーラーの表向きカードが3~6の場合は、ディーラーはルール上17点以上になるようカードを引かなければならないので、10や絵札の他に、7以上9以下のカードを引いてバストする確率が高くなり、そのような時はスタンドして勝負に出るのも一つの手です。 また、ディーラーが「A」や7以上のカードの場合は、バストせず高い点数になる可能性が高く、プレイヤーはバスト覚悟でヒットし続けるかサレンダー宣言して降りてしまうのが良いでしょう。 あとは上級者向けの技術として、出て来たカードの種類と順番を覚えることです。これが出来れば勝てる確率を高くする手がかりを見つけやすくすることが出来ます。

ブラックジャック豆知識
インシュランスで損失回避
最善な立ち回り
上手い駆け引き
ブラックジャック(総まとめ)
その他
ラスベガスカジノの豆知識
シンガポールカジノ体験①
シンガポールカジノ体験②
お気に入りサイト集
HOME
トップページ
最近の投稿
Hello world!
アーカイブ
2019年4月
最近のコメント
Hello world!へのコメント
(WordPress コメントの投稿者 [04/22])

こんにちは、これはコメントです。
コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

カテゴリー
未分類