ネットカジノの摘発事例はあるのか

ネットカジノの摘発事例はあるのか
カジノという施設やサービス自体、日本では厳しく規制されているのが現状です。

そんな背景から、ネットカジノやオンラインカジノは摘発されたことがあるのでしょうか。

結論をいえば、ネットカジノやオンラインカジノ単独では摘発された事例はありません。

この話題を中心に、ネットカジノやオンラインカジノの摘発というテーマについてお話ししていきます。

これを読めば、きっとネットカジノやオンラインカジノ自体では摘発されないということが分かるはずです。

オンラインカジノとネットカジノの違い

一言で言えば、オンラインカジノとネットカジノは同じ意味で摘発の判断材料にはなりません。

オンラインカジノとネットカジノは、共に名称こそ若干異なるもののパソコンやスマホ、タブレットなどでネットにアクセスしてカジノゲームを楽しむサービスです。

この行為自体は、摘発の判断材料にはなりません。

その理由として、サービスが海外にあること、そのサービスを運営している場所で合法的に認められていることです。

オンラインカジノやネットカジノ(以下、ネットカジノにまとめます)は、そのすべてが日本以外の海外にあります。

そのため、摘発するかどうかの判断は、それらのサービスを展開している運営元のある国にゆだねられます。

例えば、日本の警察がネットカジノを公園でプレイしているところを見つけても、摘発するということはありません。

また、そのネットカジノを提供している国自体も、ネットカジノの運営元に対して影響許可とも言えるライセンスを発行しています。

そのため、運営元のある国に認められたサービスという位置づけから利用者全員が摘発の対象から外れ、日本人もその対象外になります。

具体的なケースを挙げると、海外の公営競馬場で日本人が賭け事をしていても、その国の警察が逮捕しないのと同じ理由です。

本人は日本にいたとしても、海外のネットカジノである限り合法で違法行為には当たりません。

摘発のリスクがある違法とみなされるネットカジノ

摘発のリスクがある違法とみなされるネットカジノ
基本的にネットカジノは摘発されません。

しかし、摘発のリスクがあるネットカジノは存在します。

そのネットカジノとは、ライセンスを持っていないネットカジノや実質日本人のサービスになっているネットカジノです。

ネットカジノは世界に無数のカジノがあり、その多くが基本的にいずれかの国のライセンスを取得しています。

しかし、ライセンスを取得するには厳しい審査や審査を受けるためのコストが膨大なことから、ごくまれにライセンスを取得せずにネットカジノを運営しているケースがあります。

この場合、確かに日本の警察の摘発対象にならないものの、その運営元が置かれているネットカジノが摘発された場合、こちらも摘発の対象になります。

例えば、イギリスでライセンスなしで運営しているネットカジノがイギリス当局に逮捕されたら、関係者や客も摘発の対象になります。

悪質なものに関しては、イギリス当局から国際指名手配で、日本にいるこちらも摘発されるのがそのリスクです。

ただ、この例は非常に極端で、現実的ではありませんが、よりクリアな状態でプレイするという意味でライセンスを持っているネットカジノでプレイすることをおすすめします。

また、実質日本人のサービスになってしまっている場合も、摘発の対象になる可能性があります。

これは2016年3月にあった摘発事例ですが、ネットカジノで運営元自体はフィリピンにあったものの、そのプレイヤーほぼすべてが日本人で日本のサービスになっていたものです。

さらに顔写真付きでランキングがついていたり、完全に日本語でしか対応していなかったということから日本のサービスと警察から認知され、摘発につながりました。

こういった事例もあるので、ネットカジノで遊ぶ場合は、世界中のユーザーが利用しているものを選ぶのがおすすめです。

カジノカフェを利用した摘発事例

カジノカフェを利用した摘発事例
ネットカジノ単独では、このようにほとんど摘発はありません。

しかし、ネットカジノを利用した摘発事例はあります。

それはカジノカフェという営業形態です。

カジノカフェは、ネットカジノができる端末(パソコン)を店内に置き、客にプレイさせて現金の入出金を店内で行うという業態の店舗になります。

これは完全に違法で、繁華街の片隅で営業していたカジノカフェが摘発される事件がたびたび起こっています。

なぜ逮捕されるのかというと、営業形態が違法であるカジノと同じだからです。

カジノは店内にカジノのマシンやルーレットを置き、店内で現金のやり取りを行います。

一方、カジノカフェはカジノのマシンやルーレットの代わりにネットカジノができる端末を置いているだけで、カジノとほとんど業態が変わりません。

つまり、カジノマシンがパソコンになっているだけの話だからです。

なぜ利用する客が後を絶たないかというと、入出金が即日でできるということが挙げられます。

利便性に負けて、こういった違法行為に手を染めないようにすることが大切です。

© 2021 オンラインカジノ攻略法.net | Theme: Storto by CrestaProject WordPress Themes.